贈る側・貰う側の両方に魅力!カタログギフトのメリット

 

カタログギフト選びに迷ったら!使い道別のおすすめランキング

お中元やお歳暮など何か贈り物を渡すにあたって、カタログギフトを活用する方法がポピュラーになりつつあります。
それは贈るほうももらうほうも双方にメリットが期待でき、ウィンウィンになる可能性が高いからです。

用途別にカタログギフトを選ぶなら

お肉 体験 お酒

内祝い 香典返し ビジネス

 

▼総合的なカタログギフトはコチラ!▼

カタログギフトは贈る側にとってのメリットとはどこにある?

カタログギフト選びに迷ったら!使い道別のおすすめランキング

贈る側にとって何かギフトを渡す際に気になるのが、相手が満足してくれるかどうかでしょう。
せっかくお金を出して贈り物を渡しても相手が喜んでくれない、微妙なリアクションをされると贈りがいがなくなります。

 

しかしカタログギフトの場合、もらう側のほうで商品を選びます。
ということは相手が確実に喜んでもらえるので安心です。

 

また相手が欲しい品物を選んでくれるので、相手がどのようなものが好みなのかいちいちリサーチする必要がないです。
結婚式の引き出物やお中元・お歳暮は複数の人に贈り物を出さないといけないので、その手間が省けるのは大きなメリットといえます。

カタログギフトの品物は多種多様です

現在のカタログギフトを見てみると、食器や衣類、グルメ関係など幅広いジャンルの品物が含まれています。
ですからどのような方に贈る場合でも、確実に喜んでもらえるのも贈る側にとってのメリットでしょう。

 

カタログギフトの中には、個性的な商品・そのカタログギフトでないと手に入らないオリジナルグッズを取り扱っている場合もあります。
自分たちならではの贈り物を渡したいと思っている人もきっと満足できるでしょう。

 

カタログギフトの中には、その時々に合わせて商品のラインナップを変えているところもあります。
シーズンにマッチするものを渡せるのも贈る側にとってのメリットでしょう。

 

同じところが発行しているカタログギフトでも、予算によって異なるいくつかの種類をラインナップしているところが多いです。
人によって値段を変えたい場合、カタログギフトの場合、値段によって冊子の変わることはありません。

 

ですからそれほど値段の異なるギフトを贈る場合に抵抗感がないでしょう。

貰う側にもあり!カタログギフトのメリット

カタログギフト選びに迷ったら!使い道別のおすすめランキング

カタログギフトは上で紹介したような贈るだけでなく、貰う側にもメリットがあります。
贈り物をもらって、それが自分の好みに合わなかった場合、使わない場合は困ってしまいます。

 

しかもいらないものだからと言って捨てるわけにもいきません。
特に大きな贈り物だと家の中でかさばってしまって、押入れや物置に入れるのも困るケースも出てきます。

 

しかしカタログギフトの場合は、自分の好きなものを自分で選ぶことができます。
このため、もらって困るといった事態を回避できます。

 

自分の好みやライフスタイルに合わせて自由に選べるのは魅力です。

 

しかもカタログギフトを見てみると、ラインナップの充実しているものが多いです。
ギフトの種類が豊富ですし、オリジナルアイテムのような個性的な商品もしばしば出ているので商品選びをするだけでも結構楽しめるでしょう。

 

カタログギフトの場合、注文するまでの期間の猶予もあります。
普段仕事などで忙しい人でも時間にせかされることなく、マイペースで商品探しができます。

カタログギフトなら時間も大きさも気にせず買い物できる!

カタログギフトは近年、披露宴の引き出物として渡されるケースも多いです。
披露宴に出席すると、引き出物をいろいろともらいます。
帰りに苦労した経験のある方も多いでしょう。

  • いろいろな荷物を両手に一杯抱えて帰宅した
  • 最寄り駅から自宅までもっていくのが大変なのでタクシーに乗って移動した

こんな経験のある方もいるはずです。

 

カタログギフト選びに迷ったら!使い道別のおすすめランキング

カタログギフトの場合、後日自宅にカタログが届きます。
ですから披露宴当日は一切荷物を持たずに帰宅できるので、もらう側にとって負担が軽減されるというメリットもあります。

 

もしかすると夫婦や家族で全く同じカタログギフトを重複して贈られることもあるかもしれません。
しかしカタログギフトの中にはいろいろな商品が含まれています。
それぞれで別の品物を選べるので、複数カタログがあってもそれほど迷惑ではないところもメリットと言えるでしょう。

 

贈り主に喜ばれる総合カタログギフトランキング

 

シャディ

笑顔つながるギフト【シャディ】の特徴
贈答品やご進物などの各種ギフト・お返しに最適!
のし・ラッピング無料、法人や団体の大口注文のお客様対応もおまかせ。
萬勇鞄・ふわりぃランドセルの取り扱いもあります。
写真入りオリジナルメッセージカードが無料で作成できます!
新規で会員登録&メルマガ登録すると…
5,000円以上ですぐに使える500円クーポンをプレゼント!
WEBからの注文でカタログギフトを送料無料でお届けできます!
※②③はキャンペーン期間中に限りますのでお早めに!
贈り物、カタログギフトの専門店【アンティナ】の特徴
結婚内祝・引出物・出産内祝・各種返礼等のギフトの専門店
カタログギフト200点以上、ギフト商品4,000点以上の取り扱い。
イルムス・dancyu・アクタス・DEAN&DELUCAなどのブランドカタログ
日本の職人の雑貨を集めたメイドインジャパン
コンセプトカタログで絶大な人気を誇るギフトショップです。
雑誌・テレビでの紹介、全国有名百貨店でのお取引多数。
セレクトギフトショップ【ソムリエ@ギフト】の特徴
還元率98%!週間ランキング第1位のカタログギフト!
ハイセンスなアイテムを揃えた人気セレクトギフトショップです♪
当店No.1『プレミアムカタログギフト』
当店のプレミアムカタログギフトは楽天市場で102週1位獲得!
・本当にほしいものをいただく喜びを。
ハイセンスかつハイクォリティな商品ラインナップは業界トップクラス
・価格帯によりシリーズ最大42%OFFの割引!
贈り物の達人【スマートギフト】の特徴
大切な人の喜ぶ笑顔が見たいからワクワクしながら贈り物を選べる!
便利で人気のカタログギフトが割引価格で揃うWEB通販サイト。
世界にただ1つだけの名入れができる誕生日プレゼントに。
時計やマグカップ、お酒や雑貨に名入れをして贈ることができます。
☆人気の北欧インテリアや家具、絵本、デジタルフォトフレームまで!
ウエディングベビーの関連サイトではお役立ち情報も満載です。
バレンタインやホワイトデー、母の日や父の日のプレゼント選びにも人気です♪


コンセント

贈る想いをカタチに【コンセント】の特徴
ハイセンスおしゃれ高級カタログギフトをそろえています!
dancyu(ダンチュウ)、ANAのグルメ、ILLUMS(イルムス)
サライ、婦人画報、25ans、47CLUB、RINGBELL(リンベル)
など、上質なカタログギフトがズラリ。
☆コンセントメンバーへ登録すると、500円クーポンプレゼント中!
マイルや楽天ポイントを貯められる!
様々なお支払い方法にも対応して便利です。
 

いろいろなシーンで・カタログギフトの主要な用途について紹介

 

カタログギフトが広く普及していますがその背景として、使い勝手のいいところにあります。
日本人は何かというとお世話になっている人や家族に対して贈り物を渡す習慣があります。
確実に相手を満足させられるカタログギフトは魅力的です。

季節のあいさつ代わりにカタログギフトを贈る

カタログギフト選びに迷ったら!使い道別のおすすめランキング

カタログギフトはもらう側に何が欲しいか、自由に選んでもらえます。
このため、何か贈り物を渡すときに重宝するという意見が多いです。

 

その中でもお歳暮お中元の際にカタログギフトを渡すケースが増えてきています。
ビジネスをしているとこのような季節のあいさつは欠かせないものです。
しかし相手がどのようなものを求めているかいまひとつわからないという人も多いようです。
そのような場合にカタログギフトにすれば、相手の喜ぶものを確実に渡せます。

めでたいことがあった・お祝いにカタログギフト

カタログギフト選びに迷ったら!使い道別のおすすめランキング

家族や友人などの知り合いが結婚・出産した、マイホームを建てたときに何かお祝いとして渡したいと思う人もいるでしょう。
結婚や出産の場合、定番のギフトがいくつかあります。

 

しかし結婚・出産祝いは相手がほかの人からもいろいろ貰っている可能性があります。
するとほかの人と贈り物がかぶってしまうリスクもあり得ます。

 

カタログギフトであれば、相手が貰っているものを避けてほしい品物をチョイスできます。
ギフト被りというリスクを回避できる意味でもメリットがあります。

 

お祝いをもらった場合に、お返しとして何か贈り物を渡したいと思っている人もカタログギフトはお勧めです。
いろいろな人に贈り物をもらうと、それぞれが喜ぶようなものをいちいち選ぶのはなかなか面倒です。

 

カタログギフトであれば、カタログを送るだけなのでこちらの手間暇を省略できるメリットがあります。
結婚式の引き出物も、老若男女いろいろな人をゲストに呼ぶのでカタログギフトでめいめいほしいものを選んでもらう方式が主流になりつつあります。

身内の重要な人生の節目にカタログギフトをプレゼント

カタログギフト選びに迷ったら!使い道別のおすすめランキング

子供や親せきが入学した、卒業したといったときにギフトを渡したいと思う人もいるでしょう。
逆に子供たちから親に母の日や父の日、還暦のお祝い、敬老の日に贈り物を贈りたいと思うこともあるでしょう。

 

せっかくだから相手が必要としているものを贈りたい
でも具体的に何がいいのかわからないときにカタログギフトを渡してみるのもいいでしょう。

 

そうすれば確実に相手が喜んでもらえ、渡した側もきっと満足できるはずです。

終活も近年注目・人生の最後にカタログギフト

カタログギフト選びに迷ったら!使い道別のおすすめランキング

家族が亡くなった場合、葬式を執り行うでしょうがその際家族や親せき、さらには生前お世話になった人が多数参列するでしょう。
遺族はこのような参列者に対して香典返しを贈る必要があります。

 

また法要を行った際にも引き出物を出して参列者をおもてなししたいと考える人もいるはずです。
葬式や法要の場合、多くの人が参列します。

 

それぞれの人が満足できるような香典返しを考えるのはなかなか大変です。
そのような場合にはカタログギフトを贈って、それぞれに欲しいものを選んでもらうといいでしょう。

 

葬式の場合、その前後はいろいろとやるべきことがあって、自分たちで負担する必要のないものは避けたいと思うはずです。
カタログギフトにすれば、香典返しの品物をあれこれ考える必要がないので遺族にとっては負担軽減の意味でも効果があるといえます。

忘年会や二次会の定番ビンゴの景品にカタログギフト

カタログギフト選びに迷ったら!使い道別のおすすめランキング

忘年会や二次会の際にビンゴなどのゲームを企画するのは一般的です。
ビンゴゲームなどを開催する場合、景品をどうするか幹事にとっては頭を悩ませるところです。

 

そのようなときにカタログギフトはいかがでしょうか?
ゲームに参加して勝ったけれども景品が微妙で何とも言えない経験をしたことのある方も多いでしょう。

 

カタログギフトであれば、参加者が自由に選択できるのではずれの景品を引く恐れがないです。
しかも後日指定して自宅に配送される形になります。
ですからゲーム終わりに大きな荷物を持って帰ることも回避できる部分でもおすすめです。

 

 

カタログギフトを活用するならまずは種類を決めよう

 

カタログギフトサービスを展開しているところはいろいろとあって、それぞれに品目で様々な工夫を凝らしています。
カタログギフトの種類は主だったものとして3種類あって、それぞれに特徴や用途に違いがみられますから理解しましょう。

定番のカタログギフトは総合タイプ

▼1万点以上の豊富な品揃えのシャディギフトモール▼

カタログギフト選びに迷ったら!使い道別のおすすめランキング

 

現在いろいろなお店からカタログギフトが販売されています。
その中にはいくつか種類がありますので、利用シーンや渡す相手のことを考えてどれがベストかを考えてみましょう。

総合カタログギフトとは?

まずは総合カタログギフトと呼ばれる種類です。
初めてカタログギフトを利用する、カタログギフトを使って贈り物を渡したいけれどもどれがいいのかわからないといったときにはこの総合カタログギフトがおすすめです。
総合カタログギフトはカタログギフトの中でも定番で、ジャンルに関係なくさまざまな品物を網羅したものを指します。

 

ざっと見ても、ファッションやインテリア関係、キッチン用品、グルメ関係、キッズ向けのアイテム、アニメなどの人気キャラクターグッズ、全国の名産品・名物などバリエーション豊富です。
これだけいろいろな品目が用意されていれば、どのような方に渡してもきっと欲しいものが見つかるはずです。
老若男女に渡すときには、この総合タイプのカタログギフトを活用してみるといいでしょう。

商品が豊富にラインアップされている

またいろいろな商品をカバーしているので、利用シーンを問わずに渡せるのも総合タイプの魅力です。
結婚式の引き出物・結婚内祝い・香典返し・法要の際の引き出物・快気祝いなどのお返し・父の日や母の日・お中元やお歳暮・誕生日プレゼント・記念品・粗品などのような場合でもきっとマッチする景品が見つかるはずです。

 

これだけバラエティに富んでいると、どうすればいいか困るという人もいるでしょう。
しかしこのような総合カタログギフトの場合、結婚式の引き出物などの目的別でカタログを分けて紹介しています。

 

カタログギフトを渡すにあたって、お祝いを贈る場合とお祝いをもらった後でお返しをする場合の2通りがあります。
それぞれでマッチするカタログギフトも若干変わります。

お祝い用とお返し用でカタログギフトが違う!

大手の総合カタログになると、お祝い用とお返し用で分けてカタログを紹介しているところもあります。
このように細かくジャンルの分かれているところであれば、どれにすればいいかで迷うことはないでしょう。

 

またカタログギフトを渡すにあたって予算が決まっている方も多いはずです。
予算でどのカタログがいいか分類しているサイトもみられます。
ですからどのカタログがベストなのか、比較的簡単に見分けられるはずです。

 

大手の総合カタログギフトの中には、常時1万点以上の品目を用意しているところもあるほどです。
これだけのボリュームであれば、どのようなシチュエーションでどのような人相手でもきっと満足できる品物が見つけられるはずです。
このように守備範囲が広いので、とりあえずカタログギフトを渡したいと思っているのであれば、総合タイプの中からどれがいいか選ぶのが基本的な戦略になるでしょう。

グルメやブランドなど、個別のカタログギフトを渡す方法

カタログギフト選びに迷ったら!使い道別のおすすめランキング

カタログギフトを渡すにあたって、ある程度相手の好みを知っていると好きな物を贈るのがベストでしょう。
そこで、個別タイプのカタログギフトを選択する方法もあります。

 

例えば贈り物を渡したい相手がお酒好きであれば、日本酒に特化したカタログギフトサービスを展開しているところがあります。
そのような場合には、こちらを利用するといいでしょう。

 

日本全国いろいろな銘柄のギフトを網羅しているところもあります。
またラベルのところに名入れやメッセージを入れられるサービスを展開しているところもみられます。
肉好きであれば、牛肉に特化したカタログギフトも出ています。

ビジネスの取引先へスマートな贈り物を

お得意先など普段ビジネスでお世話になっている人・会社に法人として贈り物を渡したいと思っている人はいませんか?
その場合、ビジネスシーンに特化した贈り物を提供しているカタログギフトがあります。
このような目的や相手の好みが明白の場合には、特定のジャンルに特化したカタログギフトを渡すのもおすすめです。

 

ブランドカタログギフトも個別のカタログギフトの中の一つといえます。
ブランドカタログギフトは、個別のブランドの商品だけを特化してカタログにまとめたものを指します。

 

それぞれのブランドの持つ個性を反映したカタログ内容になっています。
ですから特定のブランドにこだわりを持っている、おしゃれな人に何か贈り物をプレゼントしたいときにお勧めです。

 

ブランドカタログの場合、ラインナップされている品目だけでなく、カタログにもこだわっているものが多いです。
表紙のデザインなどもなかなかおしゃれで、本棚に飾っておくとインテリアアイテムとして活用できるものもみられます。

いつもとは違った経験を・体験型カタログギフトもある

カタログギフト選びに迷ったら!使い道別のおすすめランキング

カタログギフトといわれると、品物をプレゼントするイメージを持つ人も多いかもしれません。
しかし中には体験型のカタログギフトを提供しているところもあります。

 

具体的には、有名レストランの食事券温泉の宿泊券などです。
例えば

  • 父の日や母の日に温泉をプレゼントしたい
  • 結婚記念日に夫婦水入らずで高級レストランでディナーを楽しんでもらう

といったこともできます。

 

体験型カタログギフトのバリエーションも豊富で、フィットネスや乗馬、クルージング、ネイル、エステなどさまざまです。
高齢者の中にはあらかた物はあるので、このような特別な体験のできるギフトのほうが喜ばれる傾向があります。

 

体験をプレゼントするのも、近年人気になっています。
上で紹介した体験は、日常から離れることができます。
普段のストレスを解消し、気分をリフレッシュできます。
また今までやったことのないことにチャレンジすることで、自分の視野を広げることもできるでしょう。

 

自分で今まで体験したことにチャレンジするのはなかなかできないものです。
しかしカタログギフトでほかからそのチャンスをもらえれば、やってみようかという気持ちになるはずです。

 

体験タイプのカタログギフトは、贈った相手がより充実した人生を贈るためのきっかけになるものかもしれません。
いつもとは違ったものを渡したい、自分たちならではのプレゼントをしたいと思うのであれば、こちらのカタログギフトもおすすめでしょう。
このようにカタログギフトといってもいろいろな種類がありますので、どれが合っているか考えてみましょう。

 

 

カタログギフトはいろいろと・選び方のポイントを紹介

 

プレゼントを渡すときに相手の喜びそうなものはどれかという視点で、品物を探すはずです。
カタログギフトにはいろいろな種類がありますが、こちらでも相手が喜んでくれそうな品物が多そうなものを選ぶのが基本になると思いましょう。

用途やシーンでカタログギフトを選ぶ方法を考える

カタログギフト選びに迷ったら!使い道別のおすすめランキング

カタログギフトを贈ろうと思っているけれども、具体的にどれにすればいいかわからないという人はいませんか?
その場合にはまずどのような利用シーンで活用しようと思っているかを明確にすることです。

 

カタログギフトを取り扱っているところの中には、特定のシーンに特化してカタログギフトを提供しているところもみられます。
例えば香典返しや出産内祝い、結婚式の引き出物に特化したカタログギフトサービスなどです。
自分の目的にマッチするカタログギフトがあれば、こちらを利用するとまずミスを犯すことはないでしょう。

 

予算やカタログの価格に応じてカタログギフトを決める

カタログギフト選びに迷ったら!使い道別のおすすめランキング

何か贈り物を渡すにあたって、予算を決めているはずです。
その予算に応じてどのカタログギフトにすればいいか決めるのも一つの方法です。

 

たいていのカタログギフトサービスで、予算に応じて選べるようになっています。
大手のカタログギフトになると、安いものだと1000円未満のもの・高ければ1万円を超えるようなカタログギフトを用意しているところもみられます。
このように幅広い価格帯で商品がラインナップされていると、無理なくどのようなギフトを贈ればいいか決められるでしょう。

 

結婚式の引き出物など、人によっていくつかランクを変えてカタログギフトを渡したいというケースもあるでしょう。
そのような場合でも柔軟に対応してもらえるはずです。
しかも自分のところに届けられたカタログギフトの予算がどの程度なのか、相手はまずわからないでしょう。
ですから人によって、いくつかランクを変えていることに気づかれる心配もないはずです。

相手の趣味・嗜好に合うカタログギフトを決める

カタログギフト選びに迷ったら!使い道別のおすすめランキング

もし相手の好みがわかっているようであれば、そのジャンルの品物を多くラインナップしているカタログギフトを渡せば、相手の気にいる商品の見つかる可能性は高いでしょう。
相手の趣味・嗜好についてもう一度見直して、どのようなカタログギフトがいいのか検討しましょう。
もし相手の趣味・嗜好がいまいちよくわからない場合には、その相手の周辺からリサーチしていく方法があります。

 

あての家族や友人などから話を聞いてみると、贈り物などの相談を持ち掛けてみましょう。
会社の取引先の相手であれば、会社の同僚に話を聞いてみるのも一つの方法です。

 

また前もって、何気なく普段の会話の中でどのようなものが好みなのか、それとなく聞いてみる方法もあります。
このようにして情報を集めれば、どのカタログギフトがいいのか候補も絞り込まれるはずです。

最終的にはカタログギフトの種類を決めよう

カタログギフト選びに迷ったら!使い道別のおすすめランキング

カタログギフトには、いくつかの種類があります。

  1. 多ジャンルの商品を広くカバーしている総合カタログ
  2. 特定のジャンルのものを深く掘り下げたようなラインナップの個別カタログ
  3. 商品ではなく、体験をプレゼントする体験型カタログ

この3種類に大きく分類できます。

 

もし相手の趣味・嗜好がわかっているのであれば、個別のカタログや体験型カタログなどが候補になるでしょう。
しかし中には、相手の趣味・嗜好がわからない、いろいろと調べてみたけれどもはっきりしたことはわからなかったというケースもあるでしょう。

 

その場合には、総合カタログの中からどれにするかを選ぶのが無難です。

 

総合カタログはジャンルに関係なく、いろいろな種類の商品が含まれます。
ですからどのような人でも一つくらいは気に入るような商品があるはずだからです。

 

プレゼントをする際には、相手が喜んでくれるかどうかを考えて品物を選ぶはずです。
カタログギフトについても相手の立場にたって、どれがいいか考えてみるといいでしょう。

 

用途別にカタログギフトを選ぶなら

お肉 体験 お酒

内祝い 香典返し ビジネス

 

▼総合的なカタログギフトはコチラ!▼

 

「カタログギフトおすすめランキング」関連情報